教養として知っておきたい二宮尊徳 日本的成功哲学の本質は何か【実学】

教養として知っておきたい二宮尊徳 日本的成功哲学の本質は何か

土いじりを始めて、農民領民のための実学である二宮尊徳の教えを学び、『一円融合』の考え方を深めることにしました。

この考え方は、微生物との共存を重視する視点をさらに発展させることができるだろうと期待しながら、書物を手に取りました。しかし、読み進める中で、特に敵や苦手とする虫との関係性について考えさせられることになりました。

以下に、本書の内容をまとめました。

二宮尊徳の教えには、報徳思想や報徳仕法があります。これは、日本的な成功哲学の本質を理解する上で重要な要素です。

報徳思想・報徳仕法のキーワードは、以下の通りです。

  • 至誠しせい:真心を尽くすこと。誠実さや信頼性を大切にする姿勢
  • 勤労きんろう:ただがむしゃらに働くのではなく、物事を観察し、知恵を磨きながら前向きに積極的に働くこと
  • 分度ぶんど:自分の立場や状況を理解し、それにふさわしい生活を送ること
  • 推譲すいじょう:他人や社会に対して譲歩し、協力すること
  • 積小為大せきしょういだい:小さな努力や積み重ねが、大きな成果や発展につながること
  • 一円融合いちえんゆうごう:すべてのものが互いに働き合って結果をもたらす世界観

報徳思想・報徳仕法の六つのキーワードを理解することは、二宮尊徳の教えに触れる上で重要です。二宮尊徳は、これらのキーワードを実践することで個人や社会が幸福な状態を築き上げることができると信じていました。

①至誠

尊徳の報徳思想は「至誠」と「実行」を基本理念としており、これらは彼の生涯を通じて重要視された。至誠は真心をもって接することであり、尊徳はこれを通じて人々の心を動かすことができると考えた。

また、実行は行動力を持って課題に取り組むことであり、尊徳自身も驚異的な実行力を示し続けた。これらの理念は尊徳の思想の柱であり、彼が後世に残した教えの中心となっている。物事を成し遂げるためには、知識や技術だけでなく、至誠と実行の精神が不可欠であることを強調している。

②勤労

「勤労」は、単なる労働だけでなく、知恵を働かせて新しい価値を生み出すことを重んじています。彼は勤労を単なる仕事をむやみに行うことではなく、能動的で合理的、効率的に働きながら知恵を活用して労働生産性を高めることと捉えています。

尊徳は、農民に対してもこの姿勢を示し、耕作方法の改善を通じて地域の再生と豊かさの追求を促しました。また、彼の報徳思想は、勤労が単なる義務ではなく、個々人や社会全体の発展と繁栄に繋がる重要な価値であるという理念を根底に置いています。

③分度

「分度」とは、収支をきちんと予算立てて管理することを指します。彼は家庭や村落、さらには国家においても、分度を立てることの重要性を説きました。これにより、自然の変動や経済の波に対応しつつ、財政を安定させ、豊かさを維持する方法としていました。

尊徳は、分度を守ることが社会の安定と繁栄に繋がると考え、財源を確保し、それをもとに生産性を向上させることを推奨しました。彼の思想は、責任ある収支管理と共に、社会の調和と持続可能な発展を目指す理念を体現しています。

④推譲

「推譲」とは、尊徳が報徳思想の中で重要視した概念であり、経済的な面だけでなく精神的な意味も含んでいます。この概念は、自らの労働によって得た余剰や富を他者や社会に譲ることを指します。

具体的には、自譲(未来の自分への譲り渡し)や他譲(他人や社会への譲り渡し)が含まれます。尊徳は、これによって社会全体の幸福や繁栄を追求する道であると説きました。

⑤積小為大

「積小為大」は、 小さなことから始めてそれを積み重ねることが重要である。尊徳は、大きな成果や成功は小さな努力の積み重ねから生まれると説いています。

例えば、1万俵の米は一粒ずつの積み重ねであり、土地を耕す際も一歩ずつ進むことが大切であると述べています。

⑥一円融合

尊徳の「一円融合」の哲学は、対立する要素を超えて調和と統合を目指す思想であり、彼の報徳思想の核心です。対立する要素が互いに協力し合い、調和することで初めて真の成果が生まれると説きました。

彼の理念である「天道人道論」や「道徳経済一元論」も、この一円融合の思想に連なるものです。これらの原理は、すべてが分かちがたく結びついている姿勢が根本的な心構えとなります。

報徳仕法の実践面では、至誠、勤労、分度、推譲、積小為大の原理が重要です。まずは自己の立場や状況を理解し、分度を守りつつ勤勉に働くことから始まります。小さな成果を継続的に積み重ねることで大きな成果が生まれ、その成果を家族や社会のために役立てることが推譲の精神です。これらの原理が、報徳仕法の実戦であると言えます。

尊徳の一円融合の哲学は、単なる対立解消ではなく、より高次な調和と成果の追求を目指したものであり、その普遍的な価値は現代でも有効であると考えられます。

» 教養として知っておきたい二宮尊徳 日本的成功哲学の本質は何か(著:松沢 成文)